201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日 スラバヤ日本人集会で

1995年。当時マラン市(スラバヤ市から高速道路も入れて2時間位かかる山の中の町)のキリスト教大学で教えていた私は、スラバヤの企業の社長をしていた織作兄と主に同時に導かれて、スラバヤ日本人集会を始めた。

それから、織作家で行われていた集会が夫妻の帰国により、西野家に移り、西野夫妻もやがて帰国。日本の大学院で学ばれたスダルト先生ご夫妻が与えられずっとその家で集会が持たれて来た。千金先生、後藤先生が私の後を受け継いで下さって、日本人集会が月一回持たれて来た。後藤先生が8月一杯で本帰国になり、9月から一ヶ月パプアに行く私たちが9月10月と奉仕することになった。11月は、松本先生が説教してくださる。

9月は、8名の方々が集まって来られた。毎月説教をする方が与えられるようにお祈りください。ある方々は、「日本語で礼拝をし、聖書のことばを聴くことができるのは本当に感謝です」と感想を述べておられる。私がイラルトゥ語の翻訳の働きをするのと何が違うのか。母語でのみことばこそが私たちの人生の力だ。そう思わされる。
スラバヤ9月30日

スポンサーサイト

スラバヤの恵み

スラバヤの日本人集会も帰国の日の朝私にとって2回目となりました。日本人の方々だけでなく、日本語を学ぶインドネシア人の方々、日本で学んだことのある方々、働いたことのある方々も参加されました。スダルト先生ご夫妻の暖かいおもてなしを受け、礼拝後は、和気あいあいとした雰囲気の中で笑いの耐えない楽しい時となりました。

昨日ウイクリフの委員会に出席しましたが、委員の一人であられる内村先生は、9月にスラバヤに行かれたばかりとか。スラバヤにある7万人の大きな教会に行かれ、そこでも日本人の方々が居られたと話してくださいました。

今スラバヤ集会に必要なのは、スラバヤに住む方々のネットワークだと感じました。日本に居るかつてスラバヤの集会のメンバーだった方々も含めてネットワークができればと思っています。祈ってください。人をご紹介ください。お願いします。
m_ _m
プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。