201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプアの思い出 モア夫妻 地味にでも着実に

moores

1984年(昭和59年)4月、初めてパプアに降り立った。時を同じくしてパプアにやってきたのがモアさんご夫妻だった。オリエンテーションを一緒に受けた。

ご主人が、アマチュア無線の免許も持っており、無線技術者だったこともあり、電気を趣味としてアマチュア無線の免許を持っている私と直ぐになかよくなった。奥さんは、美術が大好きでインターナショナル校で美術を教えている。

センタニのホテルに泊まった日の夜、電話をかけた。電話を切った後、直ぐにヘンリーから電話がまたあり、ローズが泊まりに来れるかと言っているということで一晩泊めていただいた。家に入って驚いた。私たちが最後にパプアを去ったときと全く同じだった。私たちが町に出てくるといつも泊めていただいた部屋をきれいにして待っていてくれ、私との再会を喜んでくれた。

trans

夜電圧が220vから百数十ボルトまで下がる。大きなトランスは、昔からある。

waterfilter

パプアの必需品。スイス製の水フィルター。

ricecooker

炊飯器も、電気オーブンも年期が入っている。

モアさんたちを見ていると、忠実に変わらずに神さまに仕えている。そんな印象を受ける。私のように日々いろいろなことで気持ちの変化が大きいが、彼らは淡々とこなす。大雨が降って浄化槽が沈んだことも楽しそうに話す彼らに何のきらいもない。

もう直ぐパプアを引退することも考えているそうだ。

comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。