201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼拝にでれる恵み

気がついて見ると、今生きている生活の中に疑問を感じている自分が存在している。「なぜ、私は、この国に来て、英語で会話し、英語で祈らなければならないのだろうか。」 このセンタニ町には、三つの文化が存在する。もちろんこの国の文化が一番大きい。一番小さいコミュニティーが、私と家内という日本人の言語と文化だ。これは非常に大切だ。今日も礼拝に行くのに、分厚い日本語の聖書を持って出かけた。メッセージは、この国の国語で聞いて理解するが、神のことばは自分のことばの聖書を目で追っていく中で、外国語で聞くメッセージが、変換されて、私の心の中に入っていく。そして留まる。

ここに存在するもう一つの文化である、外国人のコミュニティーになじめない。英語で互いに会話し、英語で礼拝をする。もちろん、それは彼らの選択によるもので私がとやかくいうことではない。でも、彼らが英語で私に語りかけてくるとき、私は違和感を感じる。彼らは自分の言葉で祈るが、私はいつも外国語で祈るということに不公平感を感じ、どうしても同じ土俵の上に立てない。心の中に不満や疑問がわいてくる。

7日目に休まれた。神さまが... 天地を創られた神さまが、7日目の休みを創造と共に与えられた。すごいと思う。私は、日曜日になって終日ほとんど聖書を読んでこなかったことに気がついた。休みとは心の安息であり、みことばと礼拝なしには人は本当の休みを得られない。

今朝読んだイザヤ書は、私に物事を否定的に見る見方から、御霊が導いて私たちにさせようとしておられる恵みに満ちた主の働きに心を留めるような見方に方向を修正してくれた。そして、礼拝は、私をもう一度主と共に歩む思いを高めてくれた。

「さあ主の山、ヤコブの神の家に上ろう。
主は、ご自分の道を、私たちに教えてくださる。
私(たち)は、その小道を歩もう。」
それは、シオンからみおしえが出、
エルサレムから主のことばが出るからだ。
                イザヤ2:3


確かに、不満を持って一週間を始めることもできる。でも、主が教えてくださる小道は、私たちに不満と疑問に満ちたものよりは、感謝と喜びと希望にあふれたものだと私は思う。今主が私に一つの解決を与えようとしていることにわくわく感を覚えている。


comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。