201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛りだくさん、風邪。

TITIPの学生の実習は、盛りだくさんになった。言語学特に音声学の勉強をしたり、それから、実際にヨハン兄からイラルトゥ語のことばを収集し、次の日には、イラルトゥ語の音韻チャートを作らせたり、また、私たちが今回祈りながら計画している、カイマナにおける村おこしプロジェクトのためのブレーンストーミングなどもした。とても良い視点を持っている。人々の前で英語を使って自分の「すごさ」を見せようとすることもなく、へりくだっている。金曜日の夜には、翻訳理論についての講義の時間に図らずもなった。

水曜日の夜は、祈りの時を持ち、木曜日は、イラルトゥのリーダーたちが集まってこれからのイラルトゥの発展について夜遅くまで話し合った。ジャワでの教師になる勉強から帰ってきたロミ(長男)の無事の帰還を感謝しての食事会だった。

ヨハン兄が風邪をひいていたのだが、どうやら私に移したらしい。うがいをして、のどスプレーを塗ったりしたが、一向に良くならず、今朝からついに抗生物質を使い始めた。そのうち、家内も私も腰が痛くなり、若くないことを感じたりしている。

今日は、夜TITIPの学生たちがヨハン兄の子供たちを呼んでポップコーン・パーティーをするようだ。ピサンゴレン(揚げバナナ)も用意している。学生たちは、今週もうひとつの言語にチャレンジしてワードリストを集める。また、村おこし作業の最初のプロジェクトとして魚を市場で買ってきて、ふりかけを作って売ってみる予定だ。学生たちは、木曜日に帰ってしまう。ある面、さびしいのだが、家内と私以外の人が家に一緒に住んで生活し、彼らを色々訓練するのは思ったより大変だ。ほっとして、翻訳に取り組みたいと思っている。



comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。