201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局での楽しい会話 2011年4月22日

カイマナの郵便局に日本への手紙を出しに、初めてでかけた。郵便番号は直ぐ分かったのだが、日本への航空便の値段が分からない。郵便局の人の話では、10000ルピアかかるという。それは高すぎるというと、「下手して、手紙が戻ってきたら困るから。」という。

センタニ町のTITIPのセウス兄に電話して、「センタニから、日本へ今航空便の書簡っていくらか聞いてくれる?」と頼むと、次の日返事があった。「松村さん。8000ルピアだそうです。でも、カイマナからは値段が違うかも。」

これを聞いたのが、すでに郵便局に行って切手を出してから。前の日に買っておいた切手が2500ルピア切手しかない。それで、私達は、7500円ルピア分を貼って出しておいた。そのとき郵便局員は、「本当は、10000ルピアだけれど、もう貼っちゃったからそれで良いよ。」と言う。郵便局に行った後、セウス兄から8000ルピアだと聞いたので、もう一度郵便局に戻って、そのことを話して、やはり、もう2500ルピア貼って出しますと言って、貼り始めたら、切手が足りなくなった。

「すみません、2500ルピア切手を下さい。足りないので」

「申し訳ない、もう4枚で終わりだ。注文を出さないと。2週間で届くかな。とにかく、この町じゃ、そんなに切手を買うお客さんが居ないんでね。でも、あんたたちが来たから多めに注文しておこう。足りないのは、そのまま出せばいいよ。戻ってこないで無事着くようにお祈りしよう。ところで、日本語を教えてくれないかな。」

「?!」

comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。