201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月3日-6日 ルカの福音書の嬉しいニュース

10月3日~6日 ルカ伝の嬉しいニュース

村からカイマナの町にやってきた人たちにイラルトゥの聖書は使われているのか聞いてみた。村の人々は、イラルトゥの聖書に興味を持っていないといううわさが、メールを通して日本まで届いていたからだ。

グシマワ村を中心とするトゥガルニ地域の「三位一体教会」は、今、アフアフ村の出身のレオ・シャケマ牧師が牧師をしている。すなわち私たちが奉仕した村から出た最初の牧師で、イラルトゥの村で働く牧師なのです。レオ牧師は、礼拝で印刷されたルカ伝を使っておりマリウス兄のお父さんのヘレンス兄は、もっと上流の村々で信徒伝道者の働きをしており、キンシ、ワイナガという村でも、イラルトゥのルカ伝を使っている。また、ちょっと離れたブルゲルバ、ティワラ、ワスワサの村々からもルカ伝を買いに来ており、使っている。
また、ヨハン兄の村では、牧師先生はイラルトゥの人ではないが、一生懸命勉強しているそうだ。隔週の礼拝でルカ伝が用いられている。私たちが、1985年に6週間住んでイラルトゥ語を学び始めた
フルアタ村からもルカ伝を求めに来たという。また、遠く世界一の銅山のあるティミカ市にも20人位のイラルトゥの人たちがおり、ルカ伝を送って欲しいというリクエストが来ているそうだ。心から主の名をほめ讃えます。

ヘレンス


最初に印刷されたマルコ伝を一緒に訳したヘレンス兄

comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。