201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

189,456 バイトの軽さ、重さ

2011年7月12日、前日、終えたイラルトゥ語のマタイのスペル・チェック。そのまま直ぐに送れるかと思いきや、やはり、最終プリントの形にして見ないと、フォーマットに使う記号がこれで良いのか良くわからないし、フォントなどもやはり選びたい。悪戦苦闘は、コンピュータのソフトを幾つか使うので、いつものことだ。

Matius small


そして、ようやくフォントを選んで、プリントしてみた。カバーは、A4の用紙の束を包んでいた紙が、ちょうど良かった。それにしても、今のテクノロジーは、すごい。自分で、コンピュータに入力し、自分で、フォーマットし、自分でプリントできてしまう。時々、昔の翻訳者が、タイピングのミスをおかさないように最新の注意を払いながら、印刷前の最後のタイプを、マニュアル・タイプライターでしたことを想像しながら、感謝する。

今日、最終的に聖書協会へ送ることができた。189Kバイト。送ってみて、そのファイルの小ささに驚いた。インターネットに繋がりにくいカイマナでも、比較的簡単にメールで送ることができた。今の時代、デジタルカメラで撮る写真1枚が、2Mバイトを超えるのもある。この小さなファイルがここまで来るのに、かけた時間の長さ、関わった人々の存在を考えると重さを感じる。

matthew


この軽さが、人々にとって重さになって欲しいと、何度も、ページをめくる。

アチャー! まだミスがあるよ。


comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。