201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9人の高校生が入寮テストを受ける!

2011年7月18日(月)6月末から4回も延期になったイラルトゥの高校生寮の入寮テストが遂に行われた。4時までに、7人来て、2人遅れた。でも、9人がやってきたことに感謝した。

テストは、算数、数学、英語、イラルトゥ語のインタビューが行われ、4時から真っ暗になる7時過ぎまで行われた。ようやく完成した寮のダイニング兼勉強部屋兼礼拝堂でテストが行われたが、まだテーブルも椅子もない。みんな床に座ってテストを受けた。

testing


学生たちは、イラルトゥ・グループの北部の6つの村から集まってきて、バランスが取れていて感謝だった。テストは、家内が用意した算数の簡単な問題から、分数、高校の先生が準備した図形など中学で習ってきたはずの問題まで及んだ。英語の問題は、私が用意したが、英語のインドネシア語訳、インドネシア語の英語訳、文法、そして、エッセー問題を出した。そして、最後に一人一人ヨハン兄と私で、イラルトゥ語によるインタビューを行った。

家内と、私は試験の結果を見て、唖然とした。英語は、ほとんどだめ、算数、数学も惨たんたるもので、小学校で習うべき分数もできなかった。ましてや中学の図形問題などは、できた学生が一人もいない。寮を高校生から始めることの難しさを思っていたが、これほど、村々での教育が遅れているのにちょっと現実を見せられて信仰が必要だと感じた。今日、学生選抜委員が集まっていよいよ学生の選択をする。

「神にとって不可能なことは一つもありません」のみことばに信仰によって応答する以外に、この学生たちが、インドネシアの諸大学に入ることは無理なような気がする。



AdamsonAndariasYanesLitoBartolomiusJonmerTeofilusHansFrans

左からアダムソン、アンダリアス、ヤネス、リト、バルトロミウス、ジョンメル、テオフィルス、ハンス、フランス










comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。