201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大漁を祈っていざ海へ!8月29日

29日月曜日の朝、運動のためにパワー・ウォーキングにでかけると、毎日台風のように荒れていた海が静かなのに気がついた。私は寝ていて気がつかなかったのだが、夜中は大雨だったらしい。家内が、外にある雨水用タンクの水をトイレの水槽に移していてくれた。

食堂でウノのゲームをしていた学生たちに聞いた。「今日は海は静かだね。漁に出られるかな。」「大丈夫ですよ。これなら、なぎのところもあるし。」 そこで、ヨハンの家に散らばっていた網の残り(まだ3分の7しか作業が終わっていない)をオフィスに片付けるように学生たちに指示した。

inori


すると、ヨハンがやってきたので恐る恐る聞いた。「今日は、海に出られるでしょうかね。」「はい。大丈夫です。」心の中では、それなら早く準備を始めろよという思いがあったが、必要なものを一緒にリストして、車で町にでかけた。ガソリン、オイル、懐中電灯、錨(いかり)など。

実は、昨晩ヨハン兄と大声でやりあったばかり。アダムが学校が休みの間、ブルアイのおじさんの家に行きたいといってきたが、ヨハンは、行っても良いと言ったらしかったからだ。今まで計画して準備してきたことの意味が分からなかった。彼の説明では、海はカイマナは静かでも、漁をする場所は、波があってこの季節はだめだという。それを前の日に言うのでカチンと来た。学生四人の内、二人は、許可も得ずに町にある自分の家族の家に帰った。漁を手伝う様子も無い。町のこどもは扱いにくい。イラルトゥ人の文化や町の文化との戦いだ。来年は、町の学校に行っていた子供は受け入れないのがいいかなと考える。

funade

funade2


funade chiisai

主は、29日、静かな海を下さった。彼らは夕方4時ごろにようやく海に出かけた。私は皆で一緒に祈るように薦め、海岸で座って祈り、彼ら4人を送り出した。今朝30日は、イドゥルフィトゥリのお祭りで、休みだが、モスクの声がよく聞こえた。今日も海はなぎだ。ハレルヤ!






comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。