201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のお別れ ポールお疲れ様


ken camepaul flying

2009年謙一、美知子とポールとラバンの家で。一番手前がポールとラバン。

9月27日朝8時、ポールの棺を担ぐ翻訳者10人が集まって練習をした。まだ朝なのに太陽はがんがん照り付けている。でも、今日は雨になって欲しくない。

pallbearers

バティック・シャツと黒いズボン、黒い靴で葬儀に出かけた。HISという謙一も純も学んだ国際校の体育館で葬儀は行われた。葬儀は、3時間になった。ポールのスライドが画面に映し出され、賛美を捧げるときにも、涙が出て止まらなかった。

auditorium

彼は、多くの友人を作った。彼の同僚であるアメリカ人だけではない。日本人である私たち家族も一緒にゲームをし、食事し、笑い、そして、彼の運転する飛行機で飛んだ。彼は、パプア人であっても、誰であっても、みな特別な友人にした。ラバン、ジョイ、マークがみんなと挨拶をするところで、多くのインドネシア人が彼らに挨拶をしているのを見て、説教者のダン・ワイズリさんが、言っていたことが本当であったと思う。彼は、「自分の中に福音をしっかりと持ち、そして、その福音を生きた。そして、人々に主に赦されよ、そして人を赦せと身をもって語り続けた。」彼は、12歳で献身した。でも、牧師になる自分が描けなくて、バイクの修理工場で聖書学校を卒業後も働いていた。そこへ一人の人が現れ、ジャングル・パイロットになる道があることを語った。彼は、12弟子のペテロやマタイのように、直ぐに立ち上がった。

Mark Flower

ポールは、日曜日の夕方の団体のミーティングでほとんど見ることはなかった。いつも、息子のマークと模型飛行機を飛ばしていた。あるいは、ビーチで二人でサーフィンをした。マークも証で言っていたが、「お父さんは、本当に僕を愛してくれた。お父さんと模型飛行機を飛ばしたり、サーフィンしたりした回数は、数え切れない。お父さんは、僕といつも何かをしようとしていた。そのお父さんが今居ないのは、信じられないし、正直どうしていいか分からない。でも、お父さんが天にいる。そして、神様がこれから僕を導いてくれると信じている。」そのような内容の証をした。

casket


葬儀の後、航空団体「ヤジャシ」の職員10人、メカニック10人、パイロット10人、そして、最後に私達翻訳者たちが10人で棺をHISの直ぐそばにあるお墓まで運んだ。そして、彼にお別れをした。

carrying his casketcasket down



娘さんのジョイが、葬儀の時に、三つのことを父から学んだと言った。「第一に、生きている限り、笑顔を絶やすな。第二に、仕事は精一杯しろ。第三に、主を信頼しろ。」メッセージが心に深く残った。彼女が言った。「22日の朝早く、目が覚めて詩篇121編の1節が思い出され、ただ頭の中をめぐっていた。そして、1時間後、チャプレンから父の事故のことを知らされた。」

Oyang Lavonne Joy


最後の挨拶したときに、ラバンは、「来てくれてありがとう。」と言った。来れて本当に良かった。ジョイと、神様ってすばらしいね。詩篇からこころぞなえをしてくれたんだねと話し合った。マークの笑顔を見ながら彼を抱くと慰めが心に広がった。主が、きっと彼らを立たせてくれると。



comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。