201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワコムさんの証し

ドナルド・ワコムさんが、年末28日我が家に再びやって来た。しかも後ろのドアから。「クリスマスおめでとうございます。」と言って握手した。クリスマスは、故郷のマノクワリに戻って27日には、カイマナに戻ってきた。

彼の証しを聞くことができたので、ここに記しておきたい。

Mr. Wakum


「私は、ジャワの政府役人訓練用の大学を卒業して、ファクファク(カイマナの西、恐竜の頭の南)の市庁に配属されていた。ファクファクでは、日曜日になると、先に赴任していた同僚の行っていた教会に、彼を毎週車で連れて行き、自分は自分の教会に通っていた。ところが、2002年、同僚の教会に通うようになった。そこで初めてイエスキリストが自分のために十字架にかかり死んでくださったことを知り、主を救い主として受け入れた。ところが、私は、その時前の教会の青年会のリーダーをしていた。前の教会から新しい教会に移ることは、前の教会の交わりに大きな傷を残すことになり、私は、問題児として受け止められる可能性が高かった。当時、私の新しい赴任先が、ファクファクの山奥に決まっていた。

ファクファクに留まるならば教会に問題が起こり、赴任先には、教会がなくって、新しく信仰を持った私と家内にとっては、成長する土台がなく、どうしても、そのような場所が私たちに必要だった。何度か仕事で訪れていたカイマナに心が惹かれていた。そして、家内と二人で、真剣に祈った。『主よ。私たちがファクファクに残れば、教会に傷を残します。私たちは、山奥に行けば、この信仰を培う土台がありません。主よ。どうぞ、私たちをカイマナに異動させてください。』

2002年、ついに、新しい人事の発表の日が来た。私は、制服を着て会場へ出かけた。私は、自分は、山奥に配属されることが決まっていたので、じっと主がどう私たちの祈りにこたえてくださるのか、待っていたが、心の中は、自分の配属は山奥になると思っていた。ところが、別の人の名前が読まれた時、驚いた。なぜなら、彼が私が行くべき山奥に配属されていたからだ。そして、最後に私の名前が読まれ、配属先が、カイマナと聞いたとき、私は、自分の目からただ涙が流れるのを留めることができずに、そのままじっと座っていた。そして、カイマナ町の副町長として配属され、主がここで信仰を培ってくださった。後で分かったことだが、その日の朝8時まで、私は、山奥に配属になる予定だったそうだが、カイマナに配属になるはずの人の問題で、彼が私が行くはずの山奥に配属、私は彼が行くはずだったカイマナへ配属が決まり、1時間前に変更になったという。主が、確かに私たちの祈りを聞いてくださって導いてくださった。

そして、私は、2004年、新しくカイマナ市(2003年に町から市に昇格)となった市のイラルトゥ地域の町長(行政区長)として、配属された。この5年間のイラルトゥ地域の働きは、私にとっては、イラルトゥの人たちの住む地域の発展が自分に与えられた課題であることは知っていたし、今の時を主の前に精一杯働いて用いていかなければならないという思いで5年間精一杯奉仕した。でも、それ以上に、私にとっては、イラルトゥの人々そして、更に奥のクリ族(イラルトゥは言語、クリは部族名)の人々に主の福音を伝えることが自分に与えられた使命だと思っていた。毎朝毎晩家内と子供たちと彼らの救いのために祈った。そして、村々に行って政府の地域のプロジェクトについて語る前に、私は必ずまず福音を語った。

今、山奥のクリ族に霊的な変化が起こっている。パウロが種を蒔き、アポロが水をやり、成長させてくだるのは主だ。ハレルヤ。

2009年にカイマナ市の人事部の部長に任命されて今に至っている。」




comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。