201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、ピリポ(フィリップ)なの?

なぜフィリップ(ピリポ)なの

このブログをご欄になった人は、きっとオヤン牧師と同じように疑問を覚えたでしょう。なぜ、松村は、急にフィリップになったのか。家内は、格好悪いから、変な外人っぽい名前をつけるのは辞めてと言います。

でも、すべては、児玉教会で使徒の働きをずっと説教してきたことに始まるのです。ピリポは、8章でサマリヤの地で豊かに用いられた人です。彼は、6章で選ばれた長老の一人です。ヘブル語を話すユダヤ人ではなく、彼は、サマリヤの地に逃げていくのを何とも思わなかった。

この記事を読んでいるうちに、ピリポが何の先入観もなくサマリヤの地で伝道したことが、自分の姿にダブってきました。私にとっては、パプアに帰ることに何の先入観もなくできます。真っ黒い人。文化が違う。ことばが違う。でも、私は、そこで奉仕することが自然に感じられるのです。

「南へ行きなさい」ガザの地へ飛んだピリポの性格も私は惹かれました。エチオピアの宦官に、彼は自分の能力を前面に出して伝道したのではない。常に、宦官の質問を待っている姿。洗礼も自分から言い出すまで待ったピリポ。私もこのピリポのように聖霊なる神様の導きに従っていくものになりたい。だから、あえて自分を律するために、フィリップとしたのです。

パプアでは、相変わらず、「パ・タカシ」と呼ばれました。
この名前はあまり浸透していかないかな。それでも良いのです。自分の性格とピリポが一致して、このような人になって用いられたいという希望を持って歩んで行きたいのです。

comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。