201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラリヤについて

セキとアレルギー症状のクシャミなどなどで1週間ほど風邪薬と抗生物質で戦ってようやく体が軽くなってきたと思って月曜日に仕事を本格的に始めようとダイニング・テーブルにコンピュータを載せ作業を始めると2時間たって突然頭がふらふらしてきました。そのうち、右耳が「キーン」となり始め止りません。そこで、長年の友人でもあり、1980年代からマラリヤ検査の訓練を受けて恐らく何千と血液を検査し続けてきたニン婦人に連絡を取って午後マラリヤの検査をしてもらいました。

夕方連絡があって、Tersiana +1でした。テルシアナというのは、マラリヤの軽いものですが、それにマイナスやプラスと数字をつけてその症状の程度を表します。ちなみに、私が昨年2度かかったマラリヤは、Tropika +2で、脳に来るマラリヤと言われずっと症状が重いのです。私も、高熱もでました。今回は熱もなく、体がだるい、節々が痛む程度でした。

昔は、長年使い続けると人によっては失明するというクロロクインも良く使われましたが、新しい薬が開発されていて、4錠を6回飲めばそれで済むという薬を使っています。今日と明日の夕方もう2回飲めば終わりです。副作用が少なく感じられ感謝しています。キニーネを使うと起き上がれないという人も多く、私もその一人です。

マラリヤは人によっては何度もかかります。一緒に住んでいるアンドリューも何十回もかかったと言っています。中には、一度もかからない人もいます。マラリヤのワクチンを開発したら、その人はノーベル賞だとも言われています。結局マラリヤは、ウィルスではなくて、虫だということが難しい原因なのでしょうね。

(今日空港でパンサーのスターターを持って行ってくれる人が与えられました。搭乗口でぎりぎりで与えられました。感謝。明日は、また学生たちが学校へ送ってもらえるでしょう。)
Starter Panther

スパークプラグのないディーゼルエンジンには欠かせないスターター



comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。