201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人は夢を見る

60歳になる数日前に腰を痛め、老人になったことを感じた。60歳は、かつて私の父親時代の55歳退職制度からすでに5年経っている。でも、使徒の働きの2章17節では、「若者は、幻を見るが、老人は夢を見る」と書いてある。それがキリストに生かされた者の姿だ。カレブも、老人になったときに、まだ占領すべき地が沢山あると主から言われた。(ヨシュア13:1)歳を取って体に問題が起きても、夢を見るという積極的な人生が残されている。世では、老人は、過去を見るという生き方しか残されていない。

28日、ジーソンさんとヒェージンさんにやっと食事に呼んでいただけた。実は、前の週に呼んでいただいていたのだが、腰がだめで到底外出できるような状態ではなかったのだ。

lee couple


私たちの夢は、今までは夢だった。でも、今は、夢についてもっと具体的に祈る祈りへと変えられている。「主よ。だれか、私たちの後カイマナでパプア人のために仕える人をお与えください。できたら韓国人を。」という夢の祈りから、「主よ。ジーソンさんとヒェージンさんをぜひ、カイマナのクリ族のために遣わしてください。」という具体的な祈りになっている。一緒に食事して分かったのだが、ジーソンさんは、私たちの子供たちのちょっと上の世代だ。正にバトンタッチ。

もし、彼らの団体が、部族調査をオーケーすれば、私は、イラルトゥの友人と一緒にジーソンさんに同行する予定だ。「カイマナに帰ったら、まず、体を鍛えなければ」と心にわくわくする感情を理性で抑えながらカイマナに戻る日を待っている。修理が必要なPC12は、今週まだ飛べないので出発は延期。きっと、来週のいつか帰る。


comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。