201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月28日 スラバヤへ 日本人集会

6月28日 夜中1:50(日本時間) シンガポールへ到着。飛行機の中では、あまり眠れなかった。シンガポール空港の中をうろうろ。朝の7時まで待たなければならない。結局前回「泊まった」ラウンジのソファーでうたたねをして、時々自分が分からなくなった。朝熱いシャワーで生き返った。

6月28日 朝7:10 Silkairでスラバヤに向かう。隣に座った中国人の人が気になり、声をかけた。「ビジネスですか。」「いや。友人の結婚式でスラバヤへ行きます。」「あなたは。」ということで話しが弾み、彼はジャカルタの中国系インドネシア人と結婚してジャカルタに住んでいるシンガポール人だということが分かった。
Desmond Tay シンガポール人

彼は、私が翻訳の働きをしていると聞いて、「実は、私の家族に不思議にキリスト教が入ってきたのです。甥っ子が何度も教会に行きたいと行ったのに家族は反対していたが、ある時彼が教会に行かせてもらってから、私たち家族がクリスチャンになったのです。」「それで、あなたは、クリスチャンですか。」「よく分かりません。教会に行ってないし、聖書も読まないし・・・。」この飛行機の中で詳しい話をする時間がなかったのだが、どうしようと思っていると、彼が、名刺を出して、「今回は、ジャカルタで会えないようですね。私はシンガポールに戻らなければなりません。ぜひ、ジャカルタに来て、またお話してください。」

6月28日 午後2:50 昼寝から起き上がった。集会10分前、もう何人かの人達が来ていた。ここ数回スラバヤ集会に来ておられる児玉さん、奥さん、お子さんのウィルマさん。他は常連さんだ。午後1時に家を出たのに渋滞で3時50分頃ついた朝日さんもいる。賛美をし、主の祈りをし、みことばを学び、献金をした。最後に、スペインに6週間勉強に行く、ウィルマさんのために、特別に祈りを捧げた。それから夕食の交わり。みなさん。私たちがもう一度任地に行くことを喜んでくださった。
スラバヤ集会 20080627


私の目は眠くてとろとろになった。ジャカルタの松本先生に電話をして、すぐ眠りに着いた。
おかげで、夜中の2時にこれを書いている。では、おやすみ~。

comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。