201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憩室炎だって!

5月22日金曜日からお腹全体に痛みがあった。

土曜日に胃の痛みを止める薬を買って来て飲んだ。
なぜか1回は効いた。



礼拝の奉仕を終え、日曜日は特に痛みを感じることなく終えることができた。



月曜日、朝から再び痛みだした。どうしても取りに行かなければならない書類があり、電車で児玉に出かけた。

ところが、行く途中、バス停から家までの間に、お腹の右側が痛くなった。家内に電話を入れ、いよいよ盲腸かもしれないと連絡した。

「主よ。家まで帰れますように。助けたまえ。」祈った。



急いでまたバスに乗り、本庄駅から電車に乗って家に向かった。
座れたので、お腹のあちこちを手で押してみた。



でも、痛いのは、むしろ脇腹に近い方。下腹部ではなかった。


それで南浦和駅に迎えに来てくれた家内に、盲腸ではないと
話した。

食欲もあり、吐き気もないから大丈夫ということで、救急で病院に行かないで、翌朝、すなわち今朝外来で病院に行くことにした。



歩いて5分、市民病院がある。感謝だな。
パプアでは考えられない。



結果は、憩室炎(けいしつえん)大腸の壁にへこみができて、炎症が起こっているということだった。重傷ならば入院してもらうのだが、軽いので薬を一週間分飲んでもらって様子を見ましょうと、帰って来れた。



エコー担当の人が、楽しそうにかなり時間をかけて写真を撮っていた。


もう一人の人と相談し合って、

「これじゃ痛いでしょ。もっと早く来なければいけなかったよね。」だって。



しかし、人間の体の中を見てしまう技術はすごい。



蕨市民病院は、インフォームド・コンセプトをうたっている。

担当の、坂本和宏先生は、丁寧に説明してくれた。



基本的に病院は嫌いだけれど、
丁寧に説明してくれた先生は、かっこいい。

またお願いしたいという思いだ。




それにしてもパプアに行く前に起こってよかった。


皆さん。病院は早めが良いかも。



comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。