201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月5日~9日 旅の最後は友人たちとの出会い

UKCW

8月4日、スラバヤへ移動。14時間の長旅でした。6日、1994年から3年間住んだマランの町に友人を探しに出かけました。かつて教えたマランの大学がすぐに見つかりました。私を連れて行った乗り合いタクシーの運転手は、私が住所も行き先も分からずに乗っていたのであきれていたようです。大通りの銀行の前で降りてそこから歩いて7分位のところに懐かしい大学が見つかりました。

Hsoesilo

大学で待っていると20分位して学長のヨハネスさんが来られたので牧師夫妻であるお父さんお母さんのところに連れて行っていただきました。

本当は、その晩スラバヤに帰る予定でしたが、普通は、2-3時間かかるところ何と5時間もかかったのでソシロ牧師先生にとまっていきなさいと諭され、泊めていただくことになりました。

shukuran


その晩たまたま教会員のご夫婦のパン屋さんの開所式があり、さそわれて付いていきました。そこでかつて一緒に礼拝した方々と出会え感謝でした。ソシロ先生は、81歳の現役の牧師ですが、その声は、力強く、メッセージは心に強く語りかけるものでした。

sosilopreach

iin&others

翌日は、大学の英語部で一緒に教えたイインさんと、ご主人のブンスさん、受付をしていたリディアさん、ナニックさん(写真に写っていない)と一緒に食事をして、ご馳走になりました。ブンスさんは、帰りの車も手配してくださり、3時間足らずで戻って来れました。

sBY-inori
SBYservice

翌日スラバヤ日本語集会の方々と共に礼拝をし、食事をしました。全員で7人の礼拝でしたが、親しい交流のときを持ちました。スダルト先生は、学会の講演で他の町に出ていましたので一緒に参加はできませんでした。

sby-shokuji

9日日曜日は、朝9時のフライトでジャカルタへ、メンテン地区礼拝の報告に間に合いました。

mentengreihai
menten

それからジャカルタの町を横断、1時半からの成人科でサムソンについて学び、3時半からの礼拝を共にしました。夕食をご馳走になり、松本先生のお宅に一泊させていただき、翌朝10日、5時、松本先生の奥様の作ってくださったお弁当を携え、日本に向かって旅立ちました。

jjcfshugo

今回の旅でジャカルタ日本語教会の松本章宏先生にはひとかたならずお世話になりました。ジャカルタにおられる日本人だけでなく、バンドン、スラバヤ、バリの方々のためにも心を使いご奉仕されています。チケットの手配や、車の手配、パプアの同労者への送金など色々と助けていただきました。本当に感謝致します。

matsumotoshi

comment

Secret

プロフィール

松村隆(パスター・フィリップ)

Author:松村隆(パスター・フィリップ)
1952年生まれ。埼玉県浦和育ち。1984年から海外にて言語研究や翻訳の働きに従事。2000年に原因不明の病気で帰国。2001年に児玉福音自由教会の牧師に就任。2010年2月正式にNGOのコンサルタントの働きに復帰。2013年6月日本に帰国。61歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の時刻

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。